夷草(えびすぐさ)

     この植物の名前がわかりませんでしたので、ネットなどで
     検索して、やっとわかりました。(ご存じの方も多いのでしょうか?)
     この植物を見て莢果の美しさに、カメラを向けました。

       「えびすぐさ」夷草・決明
     熱帯アジアの植物で、日本では沖縄に野生しています。
     わが国へは江戸時代に薬用植物として中国から渡来しました。
     果実は莢果で弓なりに曲がり、長さが15Cm以上あります。
     「ハブ草」とともに「はぶ茶」という薬用茶に使われる。
     中国では、ケツメイ(決明)と、呼ばれるもの。
       (検索した説明の文より)

f0090738_1555113.jpg

by hanazuki1119 | 2011-09-13 16:01 | etc.


<< 晩秋の旅 萩の花 >>